出展社一覧

HOME / 加工分野で探す / 電子機器・同部分品
創業以来一貫としてプリント配線板製作一筋で歩んで参りました。画面板、多層板に加え高周波用テフロン基板、PPE基板。さらに各種セラミックス基板を得意としております。
製造業の底辺の一角を担うことにより広く社会に貢献することを目的とし、金型の設計製作を通し、広く技術開発に努めています。 固体接合技術の開発を含め、新たな技術革新により、次世代の【ものつくり】に挑戦しています。 中国大連に拠点を置き、諏訪地方の製品や特産物を中心に広く中国市場に販売しています。又、中国製品などの輸入も手掛けています。
穂高工場 ハーネス製造45年の実績 UL認定工場 本社 多関節ロボットやIOTを活用したHTKグループの主力工場  安曇野本多通信工業㈱は、安曇野の地に本社と穂高の2つの拠点をを持つHTKグループの マザー工場です。           
提案型企業として長年培った、半導体パッケージング技術や高密度実装技術,OEM電子機器及び画像モニタリングシステムをお客様のウォンツに応えて提案し、実現します。
鉄鋼・製罐・板金 メッキ・塗装 ・レーザー加工 ・精密板金 ・金属化学塗装 ・精密部品加工
クリーン度10000の約2500㎡のクリーンルームを利用し、ハイテク、ハイクリーンの製品を数多く市場に送り出しています。
「限り無き挑戦」を合言葉に、FA機器の製造(開発設計から完成品まで)に取組んでおります。
ESCは精密金型加工技術をベースにOEM精密機器製品開発設計試作から金型設計製作・各種部品加工(樹脂成形・板金プレス・マシニング・旋盤・MIM部品)・ASSY・FA専用機設計製作まで幅広く顧客のニーズに合わせサポートします。自社ブランドとして「SSS」スケートの開発製造販売を行っています。
エーピーエヌ株式会社は、回路設計及びファームウェア設計、基板設計から製造及び部品実装、組立に関する全ての工程に対応可能です。 機械設計に関しましては、大物から治具などの小さい機械設計も対応可能ですし、新規開発案件の構想から設計・検証及び機械図面をバラしてのコストダウン提案(VA/VE提案)も可能です。 また、基板設計と機械設計のノウハウの融合によるエレメカ協調設計に対応可能ですので、設計段階で予めシミュレーションを行う事により、設計手戻りを無くしコスト削減に貢献いたします。 開発・製造、試作・量産問わず、プリント基板や機械設計に関するあらゆるご相談にお応えします。
設立以降、当社は光学技術をベースに自動化・省力化機器の設計製作に取り組んでまいりました。
弊社はトランスの総合メーカーとして、鉄心加工から組み立てまで、一貫した生産を行っております。 多くのお客様に採用いただいているRコアトランスは、弊社の製品開発、生産設備開発から生まれた製品です。 トランスメーカーとして、45年の歴史がありますが、常に高度な技術・品質を求めて研究・開発を継続しております。 「お客様がトランスに求めるものは何か?」を全社員が考え行動をする、そんな会社を目指しております。 その中で顧客満足度の向上は、経営の中心的な方針です。 そして、高品質・短納期・高度技術のトランスメーカーとして、お客様と共に発展できることを経営目標としております。
ろ過用機器及びその付属品の製造販売 私たち株式会社キッツマイクロフィルターは、中空糸膜と各種成型技術をベースにした流体分離製品を通して、お客様のニーズにお応えする開発型フィルタ&ホームアメニティカンパニーです。
•超精密特殊鏡面研磨加工 我社の超精密特殊鏡面研磨技術は、従来の研磨工法(研削・電解・化学・ブラスト・バフ・バレル等)では「困難だ、不可能だ」とあきらめられていた形状や材質に果敢に挑戦し続けて開発した、オリジナル工法です。形状に沿って粗い面を鏡面に仕上げる(加工事例をご覧下さい)ことが出来ます。 •自動機組立製造 自動化・省力化設備を製作する基本は、「省スペース・高機能・ローコスト」を満足させなければならないと考えています。 搬送・ワーク供給・ピックアンドプレス・取り出し機等を、カム機構を使い、製品製造タクト1秒台からの車載電装部品組立装置製作を行なっています。高額の設備投資が控えられる傾向にあり、品質や生産規模に見合った価格で製作期間の短い半自動装置、治工具の提案を積極的に行っています。
異素材接合と金属切削加工の共進です!! 1.金属の塑性流動を利用した異素材接合【カシメ接合】を得意としております。  例) 鉄 + ステンレス、アルミ+銅や金属+樹脂など 2.160台の自動旋盤機を所有しており、車載用部品では年間5000万個以上の加工実績がございます。 3.自動車部品を始めとし、建機、農機、医療や通信の加工部品を製作しております。 4.試作対応から量産対応まで幅広くお客様をサポートさせて頂きます。 5.近隣の表面処理業者と協力して、各種熱処理やめっきなども対応可能です。
当社は平成4年12月起業以来代替フロン洗浄機関連業務を推進し、国内一流メーカーを中心に取引を進め、順調に事業を展開して参りました。 このたび更なる業務拡大をはかるため平成7年10月新会社「株式会社クリンビー」を設立し現在に至っております。 平成 5年 4月、代替フロン洗浄機関連業務を開始。 平成 7年10月、株式会社クリンビーを設立。
半世紀以上に亘る腕時計部品加工をベースに【微細・精密加工技術】と【生産・品質管理能力】を 様々な部品加工に活かします。 プレス加工では、金型設計・製作は基より 部品加工~組立の一貫製作を行っています。 また、切削/研削部品加工も数多く手掛けており、国内外のお客様より問合せを頂いております。
21世紀を迎え、時代はますます加速しています。 画像や音声、コンピューターを媒介として、コミュニケーションや情報交換が双方向で可能となったマルチメディア社会。 我々コーデンシDHは、センシングテクノロジーを用いて人々の暮らしにアプローチし、未来の技術をリードしていきます。 「センシングテクノロジー」の可能性を求めてコーデンシグループは限りない未来の領域に挑戦し続けます。
切断・研削・研磨の受託加工。 セラミックス・ガラス・単結晶材料の精密微細加工。平坦化・薄膜化と鏡面仕上げ。 多品種・少量対応。開発品の条件出し、加工性調査から、量産化をサポートします。
● 当社は自動旋盤による挽物部品加工専門工場で、国内はもとより中国や東南アジアのユーザーへ直接輸出しています。 ● 無人化工場への挑戦:エスコマティック、ピーターマンタイプ自動旋盤の24時間稼働(夜間無人)、NC複合加工自動旋盤による無人化 ● 多品種少量部品加工への挑戦:NC自動旋盤とコンピュータによる生産管理システムで客先のニーズに応える。 ● 少数精鋭への挑戦:若手経営スタッフによる会社、作業環境のイメージチェンジと社員育成をめざす。
超高精度モールドベース加工技術と小物部品~架台、ベース等の大物加工まで多種多量の対応が出来ます。

◆新和工機では量産型の製造ラインに乗らない少量生産、試作品、特殊な技術を要する製品の加工を得意としております。 長年の加工ノウハウの蓄積と卓越した熟練の技術工の技であらゆるものの製作を可能とします。
◆ミーリング  ◆旋削  ◆研削  ◆ワイヤーカット  ◆レーザー溶接 等 
これらの高精度一貫加工。
新和工機にお任せください。
 
諏訪圏ものづくり推進機構は、広域的&地域横断的に 産業活性化を行う支援拠点です。
昭和38年創業以来、自動車部品(保安部品他)をはじめとし、OA機器部品の製造とASSY加工をしています。
自動旋盤加工精密部品(微細加工品・難削材加工品),オーディオ・ビジュアル機器,自動車関連機器・光・通信機器・コネクタ部品・ヒンジ関連部品 加工径Φ0.1mm~Φ20mm(一部φ30mm迄対応)を主力とした精密部品を加工。試作から量産物まで、幅広く対応しています。 複合加工部品は、一工程でつくりこみなので、品質安定します。
日本の精密工業発祥の地、長野県岡谷市で創業以来40年余プレス技術一筋に技術を培ってきた弊社は、専心性、独創性、開発力をもつ特異な企業です。これらの思想により生まれたパーツは、情報機器分野(ハードデイスク・ドライブ、プリンタ)、光学機器分野(カメラ)、精密機器分野、自動車関連分野、医療機器分野等、今や世界中の様々な製品に使用されています。常に次世代の部品開発を手掛け、提案することでお客様の信頼を得てきました。Q・C・Dを基本として、ISO14001,ISO9000はもちろんグリーン調達に代表される環境対応をも含めたTotal的な管理を実施しております。これらは日本国内のみならずシンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、および中国にもプレス工場を有し日本国内と同一な技術を提供できるワールドワイドな生産展開を構築しております。『1枚の図面を形に』、『夢を形に』、地球に輪を広げたい。その願いこそ弊社が未来を拓く活力なのです。 精密プレス部品、微細プレス部品、冷間鍛造プレス部品、精密切削加工技術、研削・研磨加工技術、サイジング技術、コイニング技術等これらの総合技術を以って弊社のコンセプトは、“世界中で愛されるSOODEのパーツ“1枚の金属板からできるもの”弊社のオリジナル技術は、いくつもの限界をブレークダウンし夢を形に変えて行きます。
・私たちは総合力を発揮し、ものづくりを通して社会に貢献します ・私たちは環境に配慮し、人類の幸福を最優先に考えます ・私たちは挑戦していることを誇りとして行動します 高島産業株式会社、高島産業有限公司/拓希瑪光電(深せん)有限公司 Takashima Vietnam Ltd.、新和工機株式会社 精密をベースに金属加工、セラミック加工、機械の設計製作に取り組む、私たちTakashimaは2005年3月、上記のような経営理念を策定しました。 お客様の夢をかなえる事を最大の目標に、三つの会社が別々の地域において地域の壁を越えて協力し、ものづくり活動を通してそれぞれの地域に貢献したい。次世代に引き継ぐ地球環境を守るために最大限の努力をしたい。そして物事に取り組む姿勢として若々しく挑戦する風土をもった企業でありたい。ということであります。 難しいモノや困っているコトがありましたらお気軽にご連絡下さい。
 茅野工業@「信州蓼科高原プレス工房」はプレス加工主体に「ものづくり」で諏訪地域と共創、共生を願って邁進中です  15トンから200トンまで25台のプレス機により、小ロットでも独自システムで素早い対応が可能です。「貴社のプレス工場」として気軽に使って下さい  順送型による大量生産ばかりでなく、単型による加工が得意で試作~金型設計製作、プレス加工、後処理等まで移管型にも応ずる、提案型職人集団は50年の節目に向かって邁進しております
諏訪市のプラスチック射出成形メーカーです。 知恵とシステムと最新の設備力で高効率な元気のいい集団を目指しております。
長野地域製造業の若手(次世代)経営者による相互研鑚の会で、業種の垣根を超えた地域を支える技術 提案型企業集団を目指し活動しています。 コスト削減・効率UPの糸口となる技術が詰まった我々グループに是非、お気軽にご相談下さい。
世界へと大きく羽ばたく原動力は、培ってきた人と人との出会いから。それが基盤となって、NAZCAの最新技術が生かされる。 NAZCAの社名とシンボルには、世界遺産であるペルー・ナスカの地上絵を冠しました。いにしえから存在している地上絵に無限の可能性を感じ、また、健気にホバリングするハチドリの文様に通信事業への夢を重ねたのです。
半導体事業では、後工程と呼ばれているラインを構築しています。シリコンウェハーの外観検査・裏面研削・レーザーマーキング・ダイシング加工・配列(トレー詰め)、ベアチップ外観検査を行っています。製品は、薄型テレビ、携帯電話、ナビゲーションシステム等の表示パネル向けのドライバーICに使用されています。また、薄型化、高強度化の要求は、厳しくなっており、これに対応するため、ウェハー厚50μmを、裏面研削、ダイシングによる強度低下を少なくすることを達成しています。 レーザー加工事業では、レーザーとエッチング(LET)の組み合わせによる、精密ガラス加工 ※LET(Laser & Etching Technology) ダメージレス孔で、真円かつ微細なTGVを実現 曲げ強度(抗折強度)の強い、チッピングレスのガラス加工 ※1~2μmピッチで照射して切断
「自動車」「オートバイ」「産業用ロボット」「駅のホームドア」「半導体製造装置」等、弊社の生み出す製品は世の中のあらゆる機械のスムーズな動きを支えています。 主力製品はニードルベアリングやガイド(直動案内機器)といった機械部品。ベアリングは「機械産業の米」とも言われ、目立たないながらも縁の下の力持ちとして、国内外のあらゆる産業の発展に貢献しています。 当社を語る上で欠かせないキーワードは「多品種少量生産」×「カスタマイズ製品」。営業・技術・生産部門が一体となり、お客様のニーズに合った製品を数多く提供できる点が強みです。 「社会に貢献する技術開発型企業」という経営理念のもと、グローバルに御提案・展開しております。
日本ミクロンは、プリント基板の製造を中心に、各種基板の開発設計補助をはじめ一部実装までを行っています。 特許や独自設備・独自技術を活かし、高密度化・小型化・放熱性・薄型化・高周波特性・省電力・立体化など多様な機能性と高い信頼性を実現し、お客様のニーズに適した製品を製造しています。
諏訪は生糸産業に始まり、時計・カメラ・情報機器産業へと発展してまいりました。 弊社は昭和38年に創立し、研磨加工、各種電気めっき、無電解めっきを手掛け、皆様のご支援により総合表面処理メーカーとして成長してまいりました。
省力化機械、自動機、コンデンサー自動機、基板製造機の設計・製造および販売. 電子・電気機器部品加工および金属加工に関する省力化・自動機械の設計・製造および販売。
長年腕時計部品で培ってきた技術を基に超微細加工技術、化学技術等をを導入し、「技術開発研究室」を立ち上げ、自社開発はもとより、研究所、研究機関等の技術開発のサポートを展開中。 難削材・脆性材の超精密3次元切削加工等を武器に、大手メーカー・学術機関の試作開発を受託し自社技術を磨く一方、伝統技法と精密加工の融合や、地域中小企業群と公的研究機関との交流に尽力するなど地域おこしにも活躍。
アルミ製品の企画、開発、製造、アルマイト処理を通して試作品から量産品、特急品処理等を、お客様のニーズに100% お答えできるよう、努力しております。
金属&プラスチック機械加工・試作モデル ローレット加工はお任せ下さい アルミローレット加工、スピン加工
機械、電気、制御、化学、金属加工、精密加工、精密組立など創業以来70年間にわたる巾広い経験を持ち、特に時計部品で培った微細な精密部品の加工・組立てとその生産合理化技術により、超精密な電子部品と半導体検査装置の量産を実現している。生産のための部材調達も巾広い協力会社ネットワークにより実現しています。また、生産を行う中から量産合理化技術をさらに磨いています。現金仕入れにより調達先に制限がなく調達先は多岐にわたり多く、積極的に新規取引先を増やしております。半導体の生産変動の大きな波や仕様変更に対応できる柔軟な組織・生産体制を構築し対応しています。
日本をはじめマレーシア・上海・大連と四拠点・機械台数500台を保有しグローバルにサポートできる体制を築いています。 極細線バネから異形状バネまでお客様のニーズに合わせたバネ作りを進めます。試作から量産までグローバルに展開するミクログループにご用命下さい。
『削る』『磨く』で夢を実現させる! OA関連部品・自動車関連部品などのシャフト加工を中心に行ってきた私たちの誇りは、「お客様にご満足して頂ける製品づくり」のための『優れたスタッフ』と『オリジナルの機械設備』にあります。
長年、腕時計部品の精密部品製造で培った超精密プレス加工技術を元に、金型設計・製作、プレス加工、表面処理までの一貫加工をご提案できます。さらに、半導体組立、医療機器開発へと事業領域を拡大し続けております。
超精密・超高機能・超高品質製品の生産販売を確立し国内は元より海外生産拠点を生かした、より良い製品を、より早くを目指し活動しております。
MUSASHI は、そのディスペンサー市場において圧倒的な国内No.1を誇る、FA・ディスペンスシステムの開発・製造・販売を中心に行うディスペンサー総合メーカーです。液体精密制御という深遠にして未知なる世界に、常に新天地を切り拓いてきたMUSASHI。独創的な技術のあくなき追求と永年にわたるディスペンステクノロジーの蓄積をもとに、業界トップの技術力を駆使し、半導体、FPD、通信、電子部品をはじめとしたエレクトロニクス、CASEをはじめとした自動運転制御が進む自動車、バイオ、医薬、医療機器、食品など、あらゆる産業界のハイレベルなアプリケーションに、きめ細かな対応をしています。半導体分野の80%以上を占めるシェアと、大手企業を中心とした10,000社に及ぶ取引企業数など、高安定成長企業としての揺るぎない実績と信頼をもとに、世界の圧倒的No.1を目指します。 創業以来一貫した基本理念=MUSASHIスピリットは、「誠実」といった人間性をモノづくりの原点として、常に「独創性」を発揮し、新たな価値の創造に「挑戦」していくこと。これからも、新しい時代のニーズを生み出す「独創的シーズ」の構築に挑み続けていきます。
「ものづくり支援センターしもすわ」は町内のものづくり企業を対象に、行政・商工会議所が連携し一元化・一本化によりワンストップサービス体制を確立し、町全体の企業郡を一つの会社(㈱下諏訪)に見立て経営資源の強みを活かした連携による地域製造業の集積と、維持発展及び工業振興に貢献すると共に、農商工・異業種連携を推進する事を目的に2011年4月に設立されました。町内製造業約220社が一体となり単品・複合加工部品からユニット・モジュール受注を致します。他の地区にはない企業連携・連体の受注ネットワークです。
創業以来培った技術により、金属・プラスチック・アッセンブリ等あらゆる精密部品を図面一枚で完品まで加工します。部品は分野、材質を問わずに少量から量産まで加工します。自社の精密部品を使用し、自社開発完成品を設計、開発しています。
当社は、昭和40年に腕時計用精密プリント基板への金めっき加工を始めて以来、電子基板用金めっき加工のパイオニアとしまして、エレクトロニクス製品に貢献してきました。 当社の永年培いました金めっき加工技術を応用しまして、プリント基板、LTCC基板(セラミック基板)、ポリイミド基板、半導体等の導電回路への機能めっき加工を展開しています。
当事業部は マシニングによる金属加工及び冶具制作、、省力化機器設計・組立・製作、精密部品、基板等の検査業務受託、高クリーン環境での実装、検査、組み立て受託を行っております。