出展社一覧

HOME / 加工分野で探す / 線・棒材・銅管加工
沖電線は、機器用電線や通信用ケーブル、ワイヤ放電加工機用電極線、およびフレキシブル基板(FPC)といった製品群を中心にして、開発設計から製造、販売までの一貫した事業を営んでおります。
当社は、外径0.10mmから45mmの範囲の製品をあらゆる材質で加工できる切削加工のスペシャリストです。
ろ過用機器及びその付属品の製造販売 私たち株式会社キッツマイクロフィルターは、中空糸膜と各種成型技術をベースにした流体分離製品を通して、お客様のニーズにお応えする開発型フィルタ&ホームアメニティカンパニーです。
2004年4月、株式会社キッツから伸銅品事業部門が分社独立し、株式会社キッツメタルワークスとして新たなスタートを切りました。株式会社キッツ向けバルブ用の黄銅棒の生産を開始して以来約半世紀にわたり、顧客第一・品質第一の経営姿勢を貫いてきました。その間、メーカーとして「良いものを安く、タイムリーに供給する」ことを基本に、時代の変化とニーズの多様化に応えるべく伸銅品を世の中に供給し、産業の発展と快適な生活空間の創造に幅広く貢献して参りました。
異素材接合と金属切削加工の共進です!! 1.金属の塑性流動を利用した異素材接合【カシメ接合】を得意としております。  例) 鉄 + ステンレス、アルミ+銅や金属+樹脂など 2.160台の自動旋盤機を所有しており、車載用部品では年間5000万個以上の加工実績がございます。 3.自動車部品を始めとし、建機、農機、医療や通信の加工部品を製作しております。 4.試作対応から量産対応まで幅広くお客様をサポートさせて頂きます。 5.近隣の表面処理業者と協力して、各種熱処理やめっきなども対応可能です。
● 当社は自動旋盤による挽物部品加工専門工場で、国内はもとより中国や東南アジアのユーザーへ直接輸出しています。 ● 無人化工場への挑戦:エスコマティック、ピーターマンタイプ自動旋盤の24時間稼働(夜間無人)、NC複合加工自動旋盤による無人化 ● 多品種少量部品加工への挑戦:NC自動旋盤とコンピュータによる生産管理システムで客先のニーズに応える。 ● 少数精鋭への挑戦:若手経営スタッフによる会社、作業環境のイメージチェンジと社員育成をめざす。

◆新和工機では量産型の製造ラインに乗らない少量生産、試作品、特殊な技術を要する製品の加工を得意としております。 長年の加工ノウハウの蓄積と卓越した熟練の技術工の技であらゆるものの製作を可能とします。
◆ミーリング  ◆旋削  ◆研削  ◆ワイヤーカット  ◆レーザー溶接 等 
これらの高精度一貫加工。
新和工機にお任せください。
 
諏訪圏ものづくり推進機構は、広域的&地域横断的に 産業活性化を行う支援拠点です。
諏訪金属は電子情報、光学機器、家電弱電、自動車関係など幅広い分野に金属材料や加工部品を供給、常に時代の最先端のテクノロジーとともに歩み続けてきました。 より信頼性の高い製品を迅速にお客様にお届けすることで、今後とも産業と社会の発展に貢献して参ります。
自動旋盤加工精密部品(微細加工品・難削材加工品),オーディオ・ビジュアル機器,自動車関連機器・光・通信機器・コネクタ部品・ヒンジ関連部品 加工径Φ0.1mm~Φ20mm(一部φ30mm迄対応)を主力とした精密部品を加工。試作から量産物まで、幅広く対応しています。 複合加工部品は、一工程でつくりこみなので、品質安定します。
・私たちは総合力を発揮し、ものづくりを通して社会に貢献します ・私たちは環境に配慮し、人類の幸福を最優先に考えます ・私たちは挑戦していることを誇りとして行動します 高島産業株式会社、高島産業有限公司/拓希瑪光電(深せん)有限公司 Takashima Vietnam Ltd.、新和工機株式会社 精密をベースに金属加工、セラミック加工、機械の設計製作に取り組む、私たちTakashimaは2005年3月、上記のような経営理念を策定しました。 お客様の夢をかなえる事を最大の目標に、三つの会社が別々の地域において地域の壁を越えて協力し、ものづくり活動を通してそれぞれの地域に貢献したい。次世代に引き継ぐ地球環境を守るために最大限の努力をしたい。そして物事に取り組む姿勢として若々しく挑戦する風土をもった企業でありたい。ということであります。 難しいモノや困っているコトがありましたらお気軽にご連絡下さい。
長野地域製造業の若手(次世代)経営者による相互研鑚の会で、業種の垣根を超えた地域を支える技術 提案型企業集団を目指し活動しています。 コスト削減・効率UPの糸口となる技術が詰まった我々グループに是非、お気軽にご相談下さい。
「自動車」「オートバイ」「産業用ロボット」「駅のホームドア」「半導体製造装置」等、弊社の生み出す製品は世の中のあらゆる機械のスムーズな動きを支えています。 主力製品はニードルベアリングやガイド(直動案内機器)といった機械部品。ベアリングは「機械産業の米」とも言われ、目立たないながらも縁の下の力持ちとして、国内外のあらゆる産業の発展に貢献しています。 当社を語る上で欠かせないキーワードは「多品種少量生産」×「カスタマイズ製品」。営業・技術・生産部門が一体となり、お客様のニーズに合った製品を数多く提供できる点が強みです。 「社会に貢献する技術開発型企業」という経営理念のもと、グローバルに御提案・展開しております。
日本をはじめマレーシア・上海・大連と四拠点・機械台数500台を保有しグローバルにサポートできる体制を築いています。 極細線バネから異形状バネまでお客様のニーズに合わせたバネ作りを進めます。試作から量産までグローバルに展開するミクログループにご用命下さい。
長年、腕時計部品の精密部品製造で培った超精密プレス加工技術を元に、金型設計・製作、プレス加工、表面処理までの一貫加工をご提案できます。さらに、半導体組立、医療機器開発へと事業領域を拡大し続けております。
「ものづくり支援センターしもすわ」は町内のものづくり企業を対象に、行政・商工会議所が連携し一元化・一本化によりワンストップサービス体制を確立し、町全体の企業郡を一つの会社(㈱下諏訪)に見立て経営資源の強みを活かした連携による地域製造業の集積と、維持発展及び工業振興に貢献すると共に、農商工・異業種連携を推進する事を目的に2011年4月に設立されました。町内製造業約220社が一体となり単品・複合加工部品からユニット・モジュール受注を致します。他の地区にはない企業連携・連体の受注ネットワークです。
創業以来培った技術により、金属・プラスチック・アッセンブリ等あらゆる精密部品を図面一枚で完品まで加工します。部品は分野、材質を問わずに少量から量産まで加工します。自社の精密部品を使用し、自社開発完成品を設計、開発しています。
創業以来、プレス製品を金型作製から加工・組立までを一貫して行う企業として着実に成長を遂げてきました。プレス加工で培ってきた技術力を基に、パイプ製品の鋼製家具及び精密板金製品を手がけ、これらは当社の主力製品となっております。 試作から量産、小ロットまでお客様の様々なニーズに応えられる技術力がヨウホクの誇りです。